FOLLOW US

リベンジに闘志を燃やすM・ロドリゲス「ドイツと再戦したかった」

W杯決勝進出をメッシと喜ぶマキシ・ロドリゲス(右)[写真]=Getty Images

 アルゼンチン代表のマキシ・ロドリゲスは、因縁の相手ドイツとのリベンジを望んでいたという。アルゼンチンのスペイン語スポーツメディア『ESPN Deportes』が伝えている。

 マキシ・ロドリゲスのワールドカップ出場は2006年、2010年に続いて3大会連続となったが、過去2大会はいずれも決勝トーナメントでドイツに敗れて大会を去っている。ドイツと南アフリカの両方で経験した苦い思い出が、同選手の中に“ドイツに勝ちたい”という気持ちを強くさせているようだ。

「ドイツに対しては特別な感情があるのは事実だよ。2大会連続でドイツに敗れて優勝の夢が潰えたのだから、ドイツに復讐したいという気持ちは当然ある。ドイツと再戦したかったし、今回はドイツに勝てば優勝できるからモチベーションは高い」

 アルゼンチン代表は、セルヒオ・アグエロアンヘル・ディ・マリアのコンディションが整えば彼らの出場が濃厚となる。そうなるとマキシ・ロドリゲスが決勝に出られる可能性は低くなるが、それを問われると「マラカナンのピッチに立ちたい願望はあるけれど、アルゼンチンが優勝することのほうがはるかに重要だ」と締めくくった。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA