2014.07.12

スアレス弁護士が提訴表明「サッカー選手の権利を侵害」

11日にバルセロナへの移籍が決まったばかりのスアレス [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップで「噛みつき行為」を犯し、FIFA(国際サッカー連盟)から処分を下されたウルグアイ代表FWルイス・スアレスの弁護士が、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する意向を明らかにした。11日、イギリスメディア『BBC』が報じている。

 スアレスは、6月24日に行われたW杯グループリーグ第3節で、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛みついたとして、FIFAから「代表戦9試合の出場停止、4カ月間のサッカーに関わる全ての活動禁止、10万スイスフラン(約1100万円)の罰金」の処分を科されていた。

 これに対し、スアレスとウルグアイサッカー協会は、処分の軽減をFIFAに提訴したが、今月10日にFIFAが申し立ての棄却を表明。しかし、「CASに訴えることは可能」だと明らかにしていた。

 スアレスの弁護士は、「この禁止事項では、スアレスはクラブでトレーニングすることも、どんな競技場に入ることさえもできない。これでは、サッカー選手として働く権利が侵害されているし、サッカー界にとっても良いことではない。我々は、このような厳格な制裁が取り消されることを願う。CASに提訴し、我々の権利を勝ち取る」と述べているという。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング