2014.07.12

モウリーニョ、W杯3位決定戦の必要性を否定「非常に悪いこと」

モウリーニョ
3位決定戦の必要性を否定するチェルシーのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、ワールドカップで行われる3位決定戦の必要性を否定している。『ヤフー・スポーツ』が報じている。

 現在開催されているブラジル・ワールドカップでは、準決勝で敗れたブラジル代表とオランダ代表が12日(日本時間13日)に3位の座を懸けて戦う。モウリーニョ監督は、自身がワールドカップ期間中にグローバルアンバサダーを務めている『ヤフー・スポーツ』に、3位決定戦が行われることに、「非常に良くないこと」と語った。

「準決勝に負ける。そうなれば、みんな帰って泣きたいはずだ。あるいは、妻や子供など、家族と共に休暇を取りたいはずだ。プレーしたくないんだ」

「勝つために大会を戦う。3位や4位を争うために大会に参加しているのではない。帰りたいはずだ。プレーしたくないんだ」

「(テニス界の最高峰の大会である)ウィンブルドンを見てみよう。準決勝で5時間戦って、負ける。彼らは3位を目指して戦おうとはしない」

「(3位決定戦が開催されることは)非常に悪いことだ。本当に。これは本当に非常に悪いことだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る