2014.07.11

アルゼンチンに約3400万円の罰金処分…前日会見に選手出席せず

アレハンドロ・サベジャ監督
オランダ戦の前日会見に一人で臨んだアレハンドロ・サベジャ監督 [写真]=LatinContent/Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)規律委員会は10日、アルゼンチンがブラジル・ワールドカップにおいて規律違反を犯したとして、30万スイスフラン(約3400万円)の罰金処分を科すと発表した。

 FIFAのメディア・マーケティング規定により、出場する全チームは、W杯の各試合前日会見に、監督および選手1名以上の出席が義務付けられている。メディアを通してファンがチームの情報を入手するための、最適な環境を提供するのが目的だ。

 しかし、アルゼンチン代表は、グループリーグのナイジェリア戦とスイス戦、決勝トーナメント1回戦・ベルギー戦の前日会見に、アレハンドロ・サベジャ監督しか出席しなかった。そのため、FIFAが処分に向けた手続きを開始していたにも関わらず、準決勝・オランダ戦の前日会見もサベジャ監督のみの出席であったため、処分発表に至ったとしている。
 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る