2014.07.10

オランダを牽引したFWロッベン、W杯準決勝敗退も「誇りに思う」

ロッベン
準決勝まで進出したチームを「誇りに思う」と話したロッベン [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ準決勝が9日に行われ、オランダ代表とアルゼンチン代表が対戦。PK戦の末、アルゼンチンがオランダを下し、1990年イタリア大会以来、24年ぶりとなる決勝進出を決めている。

 試合後、記者団のインタビューに答えたオランダ代表FWアルイェン・ロッベンは、準決勝まで進出した同代表に対し、「驚くべきことだ」とコメントし、これまで快進撃を見せたチームを称えた。イタリアメディア『Football ITALIA』が、10日に伝えている。

「僕たちはここまで、驚くほどよくやったよ。もちろん、今回の敗戦にはがっかりしている。それでも、僕たちはベストを尽くしたんだ」

 30歳となり、ベテランのエースとしてチームを牽引したロッベンは、「チームのメンバー全員を誇りに思う」とコメント。準決勝での敗戦を振り返ったうえで、最後に「僕たちはすぐに気持ちを切り替えるよ」と話し、ブラジルとの3位決定戦を見据えている。

 準決勝でアルゼンチンに敗れたオランダは、同じく準決勝でドイツに敗れたブラジルと、3位の座を懸けて12日に対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る