FOLLOW US

W杯新記録を達成したドイツ代表FWクローゼ「準備はできていた」

W杯準決勝ブラジル戦で、大会新記録を達成したドイツ代表FWクローゼ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント準決勝が8日に行われ、ドイツ代表がブラジル代表と対戦し、7-1で大勝した。同試合でチーム2点目を挙げ、ワールドカップでの通算得点を16とし、大会新記録を達成したドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが試合後、ゴールの瞬間をFIFA(国際サッカー連盟)に語った。イタリアメディア『FootballITALIA』が伝えている。

 同選手は、6月21日に行われたグループリーグ第2節のガーナ戦で1得点を挙げ、元ブラジル代表FWロナウド氏の持っていた通算15得点の大会記録に並んでおり、同試合でも記録更新が期待されていた。

 先発したクローゼは、開催国ブラジル相手に大勝した同試合を振り返り、「何が起こったか掴めていない。なんて言って良いかも分からないよ。僕らはとても良くプレーした。素晴らしい序盤を迎え、うまく調和していた。トレーニングで行ったことを全て出すことができた。ベンチにいる選手たちですら、試合中の僕らの感情を共有していたよ」と語った。

 そして、記録更新を果たしたゴールの瞬間は「トニ(クロース)がボールをくれた時、準備はできていた」と明らかにしており、「ゴールできて心から嬉しいよ」と率直な気持ちをコメントしている。

 クローゼは、2002年日韓ワールドカップで大会初出場を果たし5得点を記録。 その後2006年ドイツ・ワールドカップで5得点、2010年南アフリカ・ワールドカップで4得点を積み上げ、今回のブラジル・ワールドカップまでに14得点を挙げていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA