2014.07.09

ブラジル、サッカー王国に訪れた史上最悪の敗北

クローゼにW杯通算最多得点記録更新となるゴールを許したブラジル代表 [写真]=Getty Images

 悲劇どころではない。まさに、惨劇だった。

 おそらく、既に限界だったのだろう。力尽きていたのだ。母国優勝を義務付けられ、尋常ならぬプレッシャーがかかり、決勝トーナメントに入ってからは激戦続き。瀬戸際で掴んだ勝利やエースの負傷離脱。ジェットコースターのような浮き沈みを繰り返したことで、精神は疲弊しきっていたはずだ。言うまでもなく、ドイツの出来は素晴らしかった。一方で、準々決勝とはまるで別のチームの成り果ては、あまりに無残だった。

 飛び立つ力を失ったカナリアは、巨人に完膚なきまでに叩き潰されたのだ。

 ネイマールを献身的に支えていた攻撃陣は、王がいなくなったようにあまりに不忠勤だった。あるいは、空席となった玉座に自身が就いたかのような傲慢さすら感じさせた。献身性は嘘だったかのように接触プレーからは逃れ、思い通りに動かない周囲への苛立ちすら表現している。

 ところが、悪態を咎める存在であったチアゴ・シウヴァは出場停止だった。負の連鎖は続き、90分間にわたってコーチングを絶やさなかったキャプテンの不在により、修正されるべきポイントは悪化の一途を辿る。ドイツのハイプレスに怯えるかのように、パスの受け手はいなくなり、自陣深くに下げられたボールは、苦し紛れのロングキックとなるだけだった。

 ピッチ上の混乱は、すぐさま満員に埋め尽くされたスタンドに伝播する。周囲のブラジル人からみるみる血の気が引いていくのだ。

 11分の失点直後、スタンドにはすぐさま大声量で後押しする余裕があった。2失点目を喫しても、まだ声量は失われていない。ところが、1分後の3失点目でついに沈黙が訪れる。続いて4失点、5失点と悪夢のようにビハインドを重ねる自国の代表を、呆然自失という様子で眺めるしかなかった。

 我に返る頃には、時すでに遅し。やがて、スタジアムは無秩序と化していく。

 スタンドは怒気に満ち、ピッチには中指が立たされるとともに、壮絶な罵詈雑言が向けられた。挙句の果てには、試合そっちのけで観客同士の衝突が勃発する。

 周囲を巻き込んだ怒号の響く罵り合いは、駆け付けた警備員の制止も振り切ると、やがて殴り合いに発展する。当事者が退場させられるまで終わらない揉み合いは、ピッチ上への不満を噴出させるかのように、スタンドのあらゆる所で試合終了まで続いた。

 口汚い罵りは選手に対してのみならず、対象は大統領にまで及ぶ。混沌は極り、ついには安全が懸念される段階まで至ると、タイムアップ直前には場内アナウンスでドイツサポーターは試合終了後もスタジアムに留まるように呼び掛けられる事態となった。

 惨劇が続くピッチ上では、ドイツが容赦なく7点目を挙げた。自国の選手達を皮肉るように、ドイツのパス回しにオーレという掛け声で呼応していたブラジル人が、アンドレ・シュールレの豪快な一発に立ち上がり拍手を贈っている。ロナウド氏の保持していたワールドカップ最多得点記録も、この日ドイツの2点目を挙げたミロスラフ・クローゼに塗り替えられた。

 恥も外聞もかなぐり捨てたのか、ブラジル人がドイツ人に決勝ではアルゼンチンにだけは負けないでくれと懇願している。

 2014年7月8日。ブラジルはサッカー王国という誇りや自信、自尊心に至るまで、根こそぎ木端微塵に打ち砕かれた。未来永劫消えることのない痛恨の極みとなる敗北を刻まれたのだ。

 スタジアムは、タイムアップとともに重く低いブーイングに包まれた。ブラジル人達は足早に立ち去り、大勢の警備員に囲まれたスタンドの一角で、ドイツサポーターがあげる凱歌だけが誇らしげに響き渡っていた。

文=小谷紘友

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る