2014.07.08

W杯準決勝、オランダ対アルゼンチン戦はトルコ人主審に決定

ジュネイト・チャキル氏
グループA第2節のブラジル対メキシコ戦で主審を務めたジュネイト・チャキル氏 [写真]=Getty Images

 9日に開催されるブラジル・ワールドカップの準決勝、オランダ対アルゼンチン戦の審判団が決定した。8日、FIFA(国際サッカー連盟)が伝えた。

 同試合で主審を務めるのはトルコ人のジュネイト・チャキル氏に決定。今大会ではグループA第2節のブラジル対メキシコ戦とグループH第3節のアルジェリア対ロシア戦を担当している。チャキル氏はこれまでに、ユーロ2012の準決勝やFIFAクラブワールドカップ2012の決勝で主審を務め、トルコ人主審のワールドカップ参加は1974年大会以来、40年ぶり史上2人目となる。

 一方、8日に行われる準決勝、ブラジル対ドイツ戦はメキシコ人のマルコ・ロドリゲス氏が主審が担当する。同主審は、グループD第2節イタリア対ウルグアイ戦でも主審を務め、イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオに対するレッドカードでの一発退場や、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスによる『噛みつき行為』の見逃しが論争を生んでいる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング