2014.07.05

ドイツ代表、ワールドカップ史上初となる4大会連続のベスト4進出

ドイツ代表
フランス戦終了後、サポーターに向かって挨拶するドイツ代表 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント準々決勝が4日に行われ、フランス代表とドイツ代表が対戦。前半の13分にセットプレーから決まったマッツ・フンメルスの得点が決勝点となり、1-0で勝利したドイツがベスト4進出を決めた。

 勝利したドイツは2002年の日韓大会から4大会連続でのベスト4進出となったが、ワールドカップ史上初の記録となった。

 これまでは1966年イングランド大会から1974年西ドイツ大会にかけてと、1982年スペイン大会から1990年イタリア大会にかけての西ドイツ代表。1970年メキシコ大会から1978年アルゼンチン大会にかけてと、1994年アメリカ大会から2002年日韓大会にかけてのブラジル代表が3大会連続でベスト4以上の成績を収めていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る