2014.07.04

ブラジル、コロンビア戦ではシステム変更か…スペイン紙報道

ルイス・フェリペ・スコラーリ
コロンビア戦に向けて、新システムなどの指導を行うスコラーリ監督(右) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップでべスト8進出を決めているブラジル代表が、次戦に向けて戦術変更を考えている模様だ。スペイン紙『マルカ』が2日に報じている。

 ブラジルを率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、MFルイス・グスタヴォの累積警告による出場停止もあって、戦術的な変更を加えてくると見られている。

 練習では、決勝トーナメント1回戦のチリ戦から大きく2つの変更点が見られた模様だ。これまで採用してきた4-2-3-1から、4-3-3へのシステムの変更。それに伴う、マイコン、エンリケ、パウリーニョの3選手の投入の結果、ダニエウ・アウヴェス、フレッジが下がる、というメンバー変更だ。また、同紙によると、メンバーを変更した上で、これまでのシステムでの練習もしていると、伝えられている。

 コロンビアと4日に準々決勝を戦うブラジル代表は、指揮官の采配にも期待がかかる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る