FOLLOW US

大躍進で8強進出のコスタリカ、国内でユニフォームが品薄状態に

大躍進を遂げているコスタリカ代表 [写真]=Getty Images

 W杯優勝経験国が3か国も同組に属した“死のグループ”をトップ通過しただけでなく、ギリシャ代表を下し、史上初のベスト8進出を果たしたコスタリカ代表。その大躍進に、コスタリカ国内では現在、代表のユニフォームが品薄状態になっているという。コスタリカ紙『アル・ディア』が報じている。

 当初は、デザインがファンの間で不評、更には「乾きにくく、水分を吸うと重くなる」などと選手からも不評だった代表ユニフォームだが、チームの躍進によって多くの人が買い求めるようになり、特に子供用や女性用などが入手困難な状況になっている模様だ。

 そのため、サプライヤーの『ロット』社は、コスタリカ国内での店頭販売に対応できるよう、準々決勝が行われる週末に向けて、大量に輸送する手はずを整えているという。

 現在、工場では急ピッチで製造を進めているようだが、あまりの需要に生産が追い付いていないと、伝えられている。『ロット』社のアンドレア・トマト会長は「すべてのファンにユニフォームが行きわたるように生産するのは難しい」と認めているが、一方で「もしこれが実現できれば、記録的な売り上げを達成するだろう」と、静かに闘志を燃やしているようだ。

 コスタリカ代表は5日に、ベスト4進出を懸けてオランダ代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA