2014.07.02

16強敗退のスイスDFリヒトシュタイナー「いいチームだと証明した」

決勝点を挙げたディ・マリアと競り合うリヒトシュタイナー(左) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が1日に行われ、アルゼンチン代表とスイス代表が対戦した。試合後、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーが同試合を振り返り、イタリアメディア『スカイ』に語った。イタリアメディア『FootballITALIA』が、1日に伝えている。

 同試合は、0-0で延長戦にもつれ込んだが、迎えた延長後半の118分、アルゼンチンがMFアンヘル・ディ・マリアの得点で先制に成功。試合はそのまま1-0で終了を迎え、スイスのワールドカップ敗退が決定している。

 この試合に先発フル出場を果たした、リヒトシュタイナーは、「称賛に価するパフォーマンスを見せたと思う」とコメント。さらに、「僕らは、素晴らしいゲームをしたんだ。ベスト8に進出しても、なんらおかしくなかった。スイスが素晴らしいチームだと、証明できたはずだ」と話し、強豪を相手にしたチームの健闘を称えている。

 スイス代表は、ベスト16でブラジル・ワールドカップを終えたと同時に、オットマー・ヒッツフェルト監督の引退が決定。後任には、昨年12月までラツィオを率いた、ブラディミル・ペトコヴィッチ氏が後任を務めることが決定している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る