FOLLOW US

コロンビア代表が決戦3日前にフォルタレーザ入り…ブラジル戦を見据えて暑さ対策

準々決勝でブラジル代表と対戦するコロンビア代表 [写真]=Globo via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの準々決勝で開催国のブラジル代表と対戦するコロンビア代表が、1日にフォルタレーザへと向かった。コロンビアの全国紙『El Tiempo』が伝えている。

 サンパウロのコチアを合宿地としているコロンビアは、これまでは試合の2日前に現地入りするスケジュールをとっていた。しかし、ブラジル戦を控えた今回は3日前の1日にセアラー州の州都フォルタレーザへと移動したという。同代表を率いるホセ・ペケルマン監督は次のように説明している。

「フォルタレーザでは酷暑との戦いが待っている。夕方5時のキックオフでも、現地はかなり蒸し暑い。涼しいサンパウロで合宿をしていると、気温差でコンディションを崩す可能性がある。その対策として、早めの現地入りが有効だと判断した」

 フォルタレーザは南緯3度の赤道直下であるため、高温多湿対策との見方が強い。その一方で、コロンビアの気候はフォルタレーザと似たり寄ったりであるため、暑さ対策の必要はないとも報じられている。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO