2014.07.02

フランス代表DFヴァランが脱水症状で入院…次戦の出場には影響なし

ヴァラン
ナイジェリア戦でピッチ上に倒れこんだフランス代表DFヴァラン(下) [写真]=Getty Images

 フランス代表DFラファエル・ヴァランが脱水症状をおこし、ブラジルの首都ブラジリアの病院に入院していたようだ。スペイン紙『スポルト』が、1日に伝えている。

 フランス代表は30日に、ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、ナイジェリア代表と対戦。2-0で勝利し、ベスト8進出を決めている。
 
 入院が伝えられているヴァランは、同試合で太陽熱を浴び過ぎたと見られ、脱水症状における予防措置として、入院していた模様だ。

 同紙によると、4日に行われる、ドイツ代表との準々決勝には、同選手も出場する見通しであるという。

 ブラジルでのサッカーの試合では、1試合で少なくとも2リットルの水分を失うといわれており、今大会では給水タイムを取り入れている試合も見られている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る