2014.07.02

仏連盟から招待状も…リベリーは準々決勝ドイツ戦を現地観戦せず

リベリー
ブラジルW杯欠場を余儀なくされたリベリー [写真]=Getty Images

 負傷により、ブラジル・ワールドカップのフランス代表メンバーから離脱したバイエルン所属MFフランク・リベリーは、4日に行われる準々決勝のドイツ代表戦を現地で観戦することはないようだ。フランス紙『レキップ』が1日に報じている。

 同紙によれば、フランスサッカー連盟は、リベリーだけではなく、同じく負傷でワールドカップへの不参加を余儀なくされたマルセイユGKスティーヴ・マンダンダとリヨンMFクレマン・グルニエにも、ブラジルでの試合観戦の招待状を送付。リーグ・アンとリーグ・ドゥの各クラブの会長にも招待状を送っている。

 しかし報道では、リベリーがドイツ戦を観戦に訪れることはないと伝えられた。マンダンダはマルセイユの新指揮官に就任するマルセロ・ビエルサ監督の許可を待っている状態と報道。グルニエは、リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長から了承をもらえると信じていると伝えられた。報道では、オラス会長も、試合観戦のためにリオデジャネイロへ行くことになっている。

 グループEを首位で通過したフランスは、6月30日の決勝トーナメント1回戦でナイジェリアを2-0で撃破。4日の準々決勝では、ドイツと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る