2014.07.01

スアレスの謝罪を受け入れるキエッリーニ「処分の減刑を願う」

キエッリーニ
試合中、スアレスに噛まれたと主張するキエッリーニ(中央左) [写真]=Getty Images

 6月24日に行われたブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節、グループDではウルグアイ代表がイタリア代表と対戦し、1-0で勝利したが、同試合の79分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスがイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに『噛みつき行為』を行ったとして、国際サッカー連盟(FIFA)はスアレスに対し、ウルグアイ代表として9試合の出場停止と4カ月間のサッカー活動禁止、10万スイスフラン(約1100万円)の罰金の処分を科した。

 スアレスは30日に自身の公式HPを更新し、謝罪文を掲載。キエッリーニへの謝罪や二度と同様の事件を起こさないことを誓うなどした。

 スアレスは謝罪文をツイッターにも投稿したが、キエッリーニがこれにすぐさま反応。そこで、「全て忘れられるよ。FIFAが処分を減刑することを願っている」と返答。スアレスの謝罪を受け入れるとともに、減刑を望むと主張している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング