2014.06.30

アルジェリア代表ハリルホジッチ監督、ラマダンに関する質問に怒り

選手のプライベートを守ったアルジェリア代表ハリルホジッチ監督 [写真]=Getty Images

 30日にブラジル・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦、ドイツ代表とアルジェリア代表の対戦が行われる。アルジェリアを率いるヴァヒド・ハリルホジッチ監督は、サッカー以外の話題に振り回されることを嫌った。イギリスメディア『BBC』が指揮官のコメントを伝えた。

 イスラム教の義務の1つである断食を日中の間に実施するこのラマダン期は、今月の28日から始まっている。敬虔なイスラム教徒の多いアルジェリアでは、このラマダン期に断食を行う選手がいるため、パフォーマンスの低下が懸念されている。

 同試合の前日記者会見でも主な話題の1つになったラマダンだが、ハリルホジッチ監督はサッカーにのみ集中していることを強調。そして、ラマダンは「選手のプライベート」であると述べ、質問を投げかける記者に怒りを露にした。

「これはプライベートな事柄だ。それに関する質問は、尊敬と倫理が欠如している」

「チームにイスラム教の選手がいることは初めてではない。私もイスラム教徒だ。する(断食)選手もいるだろう。だから、この質問は終わりにしたい。(会見中に)ラマダンの話はしない。もし質問するのであれば、私は退席する」

 同メディアは、アルジェリアのキャプテンを務めるDFマジド・ブゲラは断食の遵守を明言していると報道。その一方で、イスラム教徒のフランス代表DFバカリ・サニャやドイツ代表MFメスト・エジルは、ラマダン期に断食を行わないことを明かしているという。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る