2014.06.30

ギリシャ指揮官が相手GKを称賛「K・ナバスがいなければ結果は変わっていた」

試合後、相手チームを称えたギリシャ指揮官 [写真]=Getty Images

 ギリシャ代表は29日、ブラジル・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でコスタリカ代表と対戦し、1-1で120分を終了。その後のPK戦を3-5で落とし、今大会からの敗退が決まった。試合後、ギリシャを率いるフェルナンド・サントス監督は『FIFA.com』にコメントを残している。

 ギリシャは、コスタリカに先制ゴールを許す展開となったが、後半アディショナルタイムにDFソクラティス・パパスタソプロスが値千金の同点弾を挙げ、土壇場で試合を振り出しに戻した。その後、延長でも決着がつかずにPK戦に突入すると、ギリシャ4人目のテオファニス・ゲカスのシュートがコスタリカGKケイラー・ナバスにセーブされて敗北を喫した。試合後、サントス監督は相手チームを称えている。

「私は『運が良かった、悪かった』などと話すのは好きではない。だが今日の試合では、相手に運が向いたと言えるだろう。彼らを称える必要がある。キックオフから15分はコスタリカがペースを握っていた。しかし、その後は我々も流れを引き戻すことに成功したんだ。同点ゴールを奪った後、もっとリスクを犯すべきだったと思う。コスタリカは非常にソリッドな守備で、カウンターを狙ってきた。我々は主導権を掴もうとプレッシャーを掛けたが、チームはすでに疲れていた。PK戦の相手(ケイラー・ナバス)は素晴らしかったよ。彼がいなければ、結果は大きく変わっていただろう」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る