2014.06.30

オランダ代表MFデ・ヨングが負傷…指揮官は準々決勝欠場を示唆

そ径部を痛め、負傷交代を余儀なくされたデ・ヨング [写真]=VI-Images via Getty Images

 オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨングは、7月5日に行われる準々決勝のコスタリカ代表戦を欠場することになるかもしれない。29日付けのイギリスメディア『FourFourTwo』が明かしている。

 オランダ代表は29日、ブラジル・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でメキシコ代表と対戦し、2-1で勝利。9分に負傷交代を余儀なくされたデ・ヨングは、そ径部を痛めたようだ。試合後、オランダ代表を率いるルイス・ファン・ハール監督は、同選手の負傷状況について次のように語った。

「デ・ヨングはそ径部に軽傷を負った。そのため、彼を下げる必要があった。彼が準々決勝でプレーできるかはわからない。ただ、正直難しい状況だと言えるだろう。デ・ヨングはチームで最も重要な選手の1人で、彼の不在はとても大きい」

 デ・ヨングはグループリーグの3試合全てにフル出場していた。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る