FOLLOW US

カッサーノとの論争報道をブッフォンが一蹴「理解できない」

メディアの論争報道を一蹴したイタリア代表Gkブッフォン [写真]=Getty Images

 イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、イタリア紙『La Repubblica』が報じていた、同国代表FWアントニオ・カッサーノとの論争報道を否定している。イタリアメディア『FootballITALIA』が28日に報じた。

 イタリア紙『La Repubblica』によると、ブラジルからイタリアへ帰国するフライトの途中、若手選手に対して苦言を呈していたブッフォンに対し、若手側の立場をとったカッサーノが「俺たちが勝てた試合は、唯一お前が出ていない試合じゃないか」と、話したと伝えられていた。さらに、カッサーノは同国代表MFダニエレ・デ・ロッシに対しても不満を持っており、イタリアの重鎮である2人に対し、否定的な立場をとったと見られていた。

 同紙によると、これを受けたブッフォンも、「もし、彼がこの主張を続けるなら、彼に平手打ちを見舞うよ」と、脅したと伝えられていた。

 しかし28日に、イタリアメディア『Corrieredella Sera』のインタビューに応えたブッフォンは、「カッサーノとは何もなかったよ」と話した上で、「私には、メディアがどうしてこんな噂話を作りだすのか理解できないね」と、カッサーノとの論争報道を一蹴している。

 ブラジル・ワールドカップに出場したイタリア代表は、グループリーグを1勝2敗で終え、すでに敗退が決定しており、26日にイタリアへの帰国が伝えられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO