2014.06.29

独代表GKノイアー、同僚ミュラーの重要性語る「彼はトップレベル」

ノイアー
ミュラーの重要性を語ったドイツ代表GKノイアー [写真]=Getty Images

 30日に行われるブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、ドイツ代表はアルジェリア代表と対戦する。同試合を前にドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、今大会における同代表MFトーマス・ミュラーの重要性を語った。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ドイツ代表は、2010年の南アフリカ・ワールドカップと、ユーロ2012において共に準決勝で敗退している。南アフリカ・ワールドカップ準決勝のスペイン戦ではミュラーは出場停止で欠場。ユーロ2012準決勝のイタリア戦ではベンチスタートとなっており、ドイツ代表は同選手が先発していない試合で敗戦している。

 この結果を知っているノイアーは、次のように語っている。

「ミュラーはトップレベルにある。ワールドカップで、彼は生き生きしている。だが、過去2つの主要トーナメントは、準決勝で先発していない。そしてどっちの場合も僕たちは負けている。だから次の試合、彼の調子が整っていることを願うよ」

 ミュラーはグループリーグで4得点を挙げており、前回大会と同様にゴールデンブーツを狙える位置につけている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る