2014.06.29

ベスト16で敗退のチリ代表…サンパオリ監督「歴史に名を刻んだ」

サンパオリ
ブラジルと互角の勝負を演じたチリ代表を率いるサンパオリ監督 [写真]=Getty Images

 チリ代表は28日、ブラジル・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でブラジル代表と対戦し、1-1で迎えたPK戦の末に2-3で敗れた。チリ代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督が、この死闘を振り返った。

 チリは先制を許すも、32分にFWアレクシス・サンチェスの得点で同点とする。以降は互角の勝負を演じ、延長後半終了間際にはFWマウリシオ・ピニージャのシュートがバーを叩くなど、最後まで開催国のブラジルを追い詰めた。

 サンパオリ監督は「幸せでない」と落胆した様子を見せた。しかし、今大会でのパフォーマンスが、未来の代表チームへ還元されていくことを望んでいる。

 試合後の記者会見に出席したサンパオリ監督のコメントを、FIFA(国際サッカー連盟)が伝えている。

「幸せな気分ではない。我々は持っている力の全てを出し切った。スタジアムのほぼ全てが開催国の敗退を望まず、結果として我々は次のラウンドに進めなかった」

「だが、選手たちは歴史に名を刻んだ。誇り高いチームであることを示したんだ。我々はボールを保持してポゼッションを高めた。そして、多大な努力を見せた。より多くのリスクを犯して、最後まで戦い続けた」

「(ピニージャが放った)シュートがバーを叩かなかったのなら、結果は変わっていたのかもしれない。だが、そうはならなかった」

「今、我々は痛みを感じている。しかし、これが将来に何かしらの影響を与えることを私は望んでいる。時間とともに、我々は異なるものを見ることができるだろう。このチームがしてきたことは評価できるものだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る