2014.06.29

J・ロドリゲスが4戦連発5得点目、コロンビア初のW杯ベスト8に導く

J・ロドリゲス
2点目を決め、喜ぶハメス・ロドリゲス(左) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が28日に行われ、コロンビア代表とウルグアイ代表が対戦した。

 3連勝でグループリーグを首位通過したコロンビアは、8人を代えて臨んだ日本戦から第2節のメンバーに戻し、変更点はコートジボワール戦からビクトル・イバルボに代わってジャクソン・マルティネスが入った。一方のウルグアイは噛みつき行為により代表戦9試合の出場停止となったルイス・スアレスに代わり、ディエゴ・フォルランが先発。また、前節からはニコラス・ロデイロに代わってマクシミリアーノ・ペレイラがスタメンとなった。

 試合は序盤から多くの観客の歓声に後押しされ、コロンビアが優勢。右サイドのフアン・スニガやフアン・クアドラードが縦への推進力を見せる。その中で迎えた28分、コロンビアはアベル・アギラルが相手クリアをヘディングで前線へ送ると、ゴール正面ペナルティエリアやや外にいたハメス・ロドリゲスが胸トラップから振り向き様に左足を一閃。強烈なボレーシュートがクロスバーの下を叩いてネットに吸い込まれ、先制に成功する。J・ロドリゲスは4試合連続、大会4得点目となった。

 ウルグアイは徐々に攻め込む形を作ると39分、左サイドからのアルバロ・ペレイラのクロスが相手DFにクリアされたところを、ゴール右45度の位置からアレバロ・ゴンサレスがボレーで狙ったが、GKダビド・オスピナ弾いた。前半はコロンビアが優勢で試合を終える。

 後半に入って50分、コロンビアは右サイドでのパス交換から逆サイドへ展開すると、パブロ・アルメロのクロスにクアドラードがヘディングで折り返し、J・ロドリゲスが押し込んで、追加点を獲得する。大会5得点目を挙げたJ・ロドリゲスは得点ランクトップに立った。

 ウルグアイベンチは53分、フォルランとアルバロ・ペレイラを下げ、クリスティアン・ストゥアーニとガストン・ラミレスを投入する。64分、ウルグアイはクリスティアン・ロドリゲスが持ち上がりからミドルシュートを放つが、枠の右を捉えたシュートはGKオスピナが防いだ。

 2点を追うウルグアイは67分にA・ゴンザレスに代えてアベル・エルナンデスを投入し、交代枠を使い切る。コロンビアはテオフィロ・グティエレスを下げ、アレクサンデル・メヒアが入る。79分、ウルグアイはM・ペレイラがラミレスの縦パスから抜けたが、シュートは飛び出したGKオスピナが体を張ってブロックした。

 1点の遠いウルグアイは84分にもエリア内左でエディンソン・カバーニがシュートを放つも、ここもGKオスピナがセーブ。試合は結局、コロンビアの守備陣がシャットアウト。2-0でコロンビアが勝利した。

 コロンビアはワールドカップ5回目の出場で初のベスト8進出。7月4日に行われる準々決勝でブラジルと対戦する。

【スコア】
コロンビア 2-0 ウルグアイ

【得点者】
1-0 28分 ハメス・ロドリゲス(コロンビア)
2-0 50分 ハメス・ロドリゲス(コロンビア)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る