2014.06.28

GL敗退のロシア代表カペッロ監督が続投か…露協会長が示唆

GL敗退も続投が示唆されているカペッロ監督 [写真]=Getty Images

 ロシアサッカー協会の会長であるニコライ・トロスティフ氏が、ブラジル・ワールドカップに出場したロシア代表指揮官のファビオ・カペッロ監督の続投を示唆している。イタリアメディア『FootballITALIA』が27日に報じた。

 カペッロ監督率いるロシア代表は、グループリーグの3戦を2分1敗の勝ち点2で終え、グループリーグ敗退が決定している。

 しかし、ロシア紙『リア・ノーボスチ』のインタビューに答えたトロスティフ氏は、「カペッロは68歳という高齢で、ナショナルチームの監督をしながら、いい仕事をしているよ」と、カペッロ監督の手腕を称えた上で、「ロシアのサッカーのためによくやってくれているんだ。彼はそれを継続してやっていくだろうね」と話し、同監督の続投を示唆している。

 ロシアでワールドカップが開催される2018年まで、同国代表監督としての契約を結んでいるカペッロ監督は、この契約が自身最後の契約となることを言明している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る