FOLLOW US

審判団の判定に不服のカペッロ監督「なぜ敵視されるかわからない」

審判団へ不服を訴えるカペッロ監督(右) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップに出場しているロシア代表は、26日に行われたグループリーグ最終節でアルジェリア代表と対戦し、1-1のドローで試合終了を迎えた。この結果、2分1敗の勝ち点2となったロシアは、グループHで3位となり、敗退が決定している。

 試合終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューに応えた同国代表指揮官のファビオ・カペッロ監督は、「失望している」とコメント。さらに、「私は審判について話すのは好きではない。しかし、今日は全ての判定がロシアに対して否定的なものだった。どうして、公平な判断をすべき立場の者が、私たちを敵視するのかわからない」と話し、審判団への不服を訴えた。

 カペッロ監督はこれまで、南アフリカ大会で4試合、ブラジル大会で3試合と、ワールドカップでは7試合で指揮を執った経験を持っており、イングランド代表を指揮していた際に、一度だけ勝利を飾っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO