2014.06.27

イタリア代表FWバロテッリが同国指揮官に謝罪か…伊メディア報道

プランデッリ監督への謝罪が報じられたバロテッリ [写真]=Getty Images

 イタリア代表は、25日に行われたブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節でウルグアイ代表に敗れ、同大会からの敗退が決定。日本代表MF本田圭佑が所属するミランの同代表FWマリオ・バロテッリが、指揮官であるチェーザレ・プランデッリ監督に謝罪を行ったようだ。イタリアメディア『SKY』が26日に報じている。

 バロテッリは、ウルグアイとのグループリーグ最終戦で、前半途中にイエローカードを提示され、前半限りでの途中交代を命じられていた。試合終了後には、ドーピング検査を受けていたMFアンドレア・ピルロを、チームメート全員がロッカールームで待つ中、一人で移動バスに戻っていた。

 内容こそ明かされていないものの、ブラジルからイタリアに戻るチャーター機の機内で、同選手はプランデッリ監督に謝罪を行ったと伝えられている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る