2014.06.27

独代表レーヴ監督、決勝T進出を決めたチームを称賛

決勝トーナメントに向け、気を引き締めたレーヴ監督 [写真]=Getty Images

 ドイツ代表は26日に行われたグループG最終節でアメリカ代表戦に臨み、1-0で勝利した。ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督は、決勝トーナメント進出を決めた選手たちを称賛した。

 試合は前半から押し気味のドイツがペースを握ると、55分にMFトーマス・ミュラーのゴールで先制点を奪った。その後、リードを許したアメリカも無理をして攻めることもなく、1-0でタイムアップとなった。試合後、FIFA(国際サッカー連盟)にレーヴ監督のコメントが掲載された。

「我々は組織的なチームで試合を支配することができた。試合終了までアメリカにゴールチャンスを与えなかったと思う。我々の中盤は素晴らしい活躍を見せた。常に相手をプレッシャーの下に置いたと思う。バスティアン・シュヴァインシュタイガーはスタミナが切れるまでよく走っていた。サミ・ケディラを休ませるのに良いタイミングだったと思う。またトーマス・ミュラーは心身ともに素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。彼は本当にインテリジェンスの高い選手だ。彼と対峙するディフェンダーは守りにくいだろう」

 またレーヴ監督は、決勝トーナメント進出を決めたことに関して、「これまでとは全く違うステージとなる。グループリーグとは違った緊張感の中、一か八かの戦いを迎えるのだ」とコメント。決勝トーナメントの試合は独特な雰囲気の中で行われると語った。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る