FOLLOW US

独代表ミュラー、W杯優勝に向け「自分たちのフットボールをするだけ」

ドイツ代表ポドルスキと談笑するミュラー(左) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節、グループGのガーナ戦で、試合終了間際に右目尻に切り、負傷したバイエルン所属のドイツ代表MFトーマス・ミュラーが、26日に行われるグループリーグ第3節のアメリカ戦に向けて、クラブ公式HPで意気込みを語っている。

 ミュラーは、「グループ突破を確実にしたいね。それが全てだよ。ボールと頭脳をつかってね」と、アメリカ戦に向けて意気込みを語ったが、「僕らはこの大会で本当に気を付ける必要がある。でなければ、思うより早く終わってしまい、テレビで観戦することになるだろう」と、スペイン代表や、イングランド代表などの強豪がグループリーグで敗戦している今大会で、油断してはならないことをも言及した。

 また、ドイツのサッカーを貫き優勝をしたいと、次のように語っている。

「ガーナ戦の後、僕を見た人は、ドローを望んでいたとは思わないだろう。僕らは自分たちのフットボールをするだけだ。優勝は最終日についてくるようなものだよ。僕の目標は、得点王より、世界チャンピオンだ」

 また、負傷していたミュラーは、自身のツイッターで、写真と共に「無事を祈ってくれてありがとう。僕はいい状態だよ。たとえちょっとボクサーに見えてもね」とのコメントを掲載し、問題ないことを明かしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO