FOLLOW US

仏代表FWベンゼマ、数的有利も無得点に終わり「満足していない」

エクアドル戦でフル出場したフランス代表FWベンゼマ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が25日に行われ、グループEでは、フランス代表がエクアドル代表と対戦し、引き分けに終わった。フランス代表FWカリム・ベンゼマが試合後、試合を振り返ってコメントしている。フランス紙『レキップ』が伝えている。

 2試合連続でゴールを決めていたベンゼマは、スコアレスドローに終わった同試合を振り返り、次のようにコメントした。

「勝ち抜けを決めたが、内容には満足していない。他の試合同様、難しい試合だった。最近の試合ではゴール前でしっかりとゴールを決めてきたが、この試合は相手のフィジカルを生かした守備に苦しんだ。チャンスは作れたが、相手のGKが僕たちの前に立ちはだかった」

 フランス代表は決勝トーナメントのべスト16でナイジェリア代表と対戦する。同選手はついては、試合について意気込みを語った。

「しっかりと休息を取り、100パーセントの状態で次の試合に臨まなくてはいけない。ナイジェリア?良いチームだから、厳しい試合になるだろう。しかし、勝つためにベストを尽くさなければいけない」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO