2014.06.26

ブラジルメディアが日本戦活躍のコロンビア代表J・ロドリゲスを称賛

J・ロドリゲス
日本戦で1ゴールを決めたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ、グループCを首位通過したコロンビア代表に対する評価は日に日に高まっている。とりわけ攻撃の中心を担っているMFハメス・ロドリゲスへの注目度が右肩上がりだ。ブラジルメディア『terra』が同選手を称賛している。

『terra』は、ボールタッチが柔らかくスピードとパワーを兼ね備えているJ・ロドリゲスについて「新世代のバルデラマ」と絶賛。「自在性に富むパスで攻撃を支えるだけでなく、自らもゴールを決められる選手。ゴール前での落ち着いたプレイは観る者を魅了する」と称し、「コロンビアのハメス・ロドリゲスは今大会の主役になりうる」との見解を示している。

 同メディアがこれまで今大会の主役として挙げていたのは、ブラジル代表FWネイマール、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、オランダ代表FWアルイェン・ロッベン、ドイツ代表MFトーマス・ミュラーなどであった。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る