FOLLOW US

シャキリがハットトリック、スイスが2大会ぶり16強…ホンジュラスは敗退

ハットトリックの活躍を見せたシャキリ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が25日に行われ、グループEではホンジュラス代表とスイス代表が対戦した。

 勝ち抜けのためには勝利が最低条件のホンジュラスは、前節出場停止のウィルソン・パラシオスが復帰するなど、3選手を変更。一方、こちらもグループリーグ突破のために勝利の欲しいスイスは、前節で眼窩底骨折となり、帰国したスティーヴ・フォン・ベルゲンなど、こちらも2選手を入れ替えて試合に臨む。

 立ち上がり3分、最初のチャンスをつかんだのはスイス。左サイドの高い位置でヨシップ・ドルミッチがボールを奪うと、中央にクロス。ジェルダン・シャキリが飛び込んだが、GKノエル・バジャダレスが止める。その後のゴール前の混戦も守備陣が体を張って防いだ。

 直後の6分、スイスはシャキリが右サイドでボールを持つと、中央へドリブルでカットインし、左足を振り抜く。強烈なシュートはゴール左上へ決まり、先制に成功する。

 スイスの先制後はホンジュラスが押し込む展開が続くが、31分にスイスに追加点が生まれる。カウンターからドルミッチが左サイドからクロスを送ると、シャキリが沈めた。2点を追いかける形になったホンジュラスだが、40分のツートップの一角であるカルロ・コストリーが負傷でジェリー・パラシオスとの交代を強いられてしまう。

 ハーフタイム、ホンジュラスはロジェール・エスピノーサに代え、マルビン・チャベスを投入。後半に入って攻勢のホンジュラスは52分、ジェリー・ベングトソンがペナルティエリア内左でGKディエゴ・ベナーリオをかわして、シュートをしたが、カバーに入ったリカルド・ロドリゲスがクリアした。

 71分、守備の時間の続くスイスだったが、またもカウンターからドルミッチが左サイドを抜け出すと、再びシャキリが合わせてネットを揺らした。シャキリはハットトリック達成となった。

 ホンジュラスは80分、チャベスの左サイドからのクロスにベングドソンがヘディングで合わせたが、GKベナーリオが右手1本で防ぐ好セーブを見せて、得点を許さない。スイスの守備陣は堅守で無失点に抑え、3-0で勝利した。

 同時刻に行われたフランス対エクアドルが引き分けに終わり、スイスは2位で2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決定。ホンジュラスは初のGL突破とはならず敗退が決まった。スイスは決勝トーナメント1回戦でグループF首位通過のアルゼンチンと対戦する。

【スコア】
ホンジュラス 0-3 スイス

【得点者】
0-1 6分 ジェルダン・シャキリ(スイス)
0-2 31分 ジェルダン・シャキリ(スイス)
0-3 71分 ジェルダン・シャキリ(スイス)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO