FOLLOW US

大会初得点のジェコがMOMに…ボスニアのW杯初勝利に貢献

左足シュートで先制点を決めたジェコ(中央) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が25日に行われ、グループFではボスニア・ヘルツェゴビナ代表とイラン代表が対戦した。2連敗でグループリーグ敗退が決まっているボスニア・ヘルツェゴビナは、エディン・ジェコやミラレム・ピアニッチらの得点で3-1と快勝。初出場で、ワールドカップ初勝利を挙げた。

 FIFA(国際サッカー連盟)は公式HP上で、サポーターの投票などにより決まる、バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチを発表。同試合に先発出場し、先制点を挙げたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが選出された。

 ジェコは23分、敵陣右サイドでパスを受けると、ペナルティーエリア手前までドリブルで持ち込む。左足を振り抜き、グラウンダーのシュートをゴール右隅に流し込んだ。ワールドカップでの自身初得点を記録し、勝利に貢献した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO