FOLLOW US

GL3戦全敗の豪代表監督、4年後にリベンジ「さらなる高みにのぼる」

4年後のリベンジを誓う豪代表ポステコグルー監督 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループA最終節が23日に行われ、グループBではオーストラリア代表が、0-3でスペイン代表に敗戦。3連敗で大会を去ることとなった。同代表を率いるアンジェ・ポステコグルー監督のコメントを『FIFA.com』が、掲載している。

 序盤こそ、前線からの強烈なプレッシングでスペイン代表の自由を奪ったオーストラリア代表。しかし、その後冷静さを取り戻したスペイン代表に試合をコントロールされ、前半36分にFWダビド・ビジャに先制点を奪われる。さらに後半にはFWフェルナンド・トーレスとMFフアン・マタにも得点を許し、0-3の完敗で最終戦を終えることとなった。

 ポステコグルー監督は、今大会でオーストラリア代表が見せたパフォーマンスを振り返りつつ、4年後のリベンジを誓った。

「本当に失望している。良いスタートを切ったが、スペインのクオリティが我々の良い流れを断ち切った。スペインは彼ららしいスタイルで我々を圧倒したね。正直なことを言えば、選手たちは疲労困憊だった。ボールコントロールがおろそかになってしまったね」

「今大会では、オーストラリア代表のポジティブな面をお見せすることができたと思う。だが、世界のトップと肩を並べるには、まだ実力が足りない。4年後にまたこの舞台に立ち、そしてさらなる高みにのぼるために、一層の努力が必要だ」

「デル・ボスケは試合後に私のところに来て、オーストラリアのパフォーマンスを称えてくれたよ。私は心の底から“スペインのスタイル”を尊敬している。彼らは常に正しいプレーを目指す。それは称賛に値することだ」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA