2014.06.24

オランダがチリに完封勝利、3連勝でグループ首位通過決める

フェル
オランダの先制点となったフェルのヘディングシュート [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が23日に行われ、グループBではオランダ代表とチリ代表が対戦した。

 2連勝で決勝トーナメント進出をすでに決めている両者。得失点差で首位に立つオランダは、出場停止のロビン・ファン・ペルシー、前節の試合中に頭部を打ち途中交代したブルーノ・マルティンス・インディ、ジョナサン・デ・グズマンに代わり、ジョージニオ・ワイナルドゥム、ディルク・カイト、イェレマイン・レンスが起用された。一方のチリは、スペイン戦からアルトゥーロ・ビダルに代わり、フェリペ・グティエレスがスタメンとなった。

 互いに縦に速い攻撃を志向する両チームの対戦は、チリが徐々にボールを支配するようになる。22分、左CKを得ると、キッカーのアレクシス・サンチェスはグラウンダーのパスを送るとフェリペ・グティエレスがダイレクトでシュートしたが、枠を大きく越える。オランダは25分、ゴール左やや遠い位置で得たFKをウェズレイ・スナイデルが直接狙ったが、GKクラウディオ・ブラボが抑えた。

 35分、オランダは右サイドでFKを獲得すると、アルイェン・ロッベンのクロスにステファン・デ・フライが飛び込んだが、わずかに届かず、シュートはゴール左へそれた。試合を支配するチリに対し、オランダは40分、カウンターで自陣からロッベンがドリブルを開始。そのままピッチ中央を持ち上がり、ペナルティエリア内左から左足のシュートを放ったが、ゴール右へ外れた。

 チリは44分、ゴールから遠い位置でのFKを前線に送ると、グティエレスがフリーでバックヘッドのシュートをしたが、枠を捉えられず。前半はスコアレスで終える。

 ハーフタイムにチリはグティエレスに代えてジャン・ボーセジュールが入る。65分、チリはアレクシス・サンチェスが左サイドのゴールライン際でDFをかわしてエリア内に侵入し、そのままシュートしたが、GKヤスパー・シレッセンの正面。直後にオランダもロッベンがドリブルからミドルシュートを打つが、こちらもGKブラボの正面だった。

 局面を打開したい両者。69分にオランダはレンスに代え、前節決勝点を決めたメンフィス・デパイ。チリはフランシスコ・シルバを下げ、ホルヘ・バルディビアを投入する。オランダは75分にもスナイデルに代えてレロイ・フェルを送り出す。直後にデパイがミドルシュートで狙う場面があったが、GKブラボが好セーブ。しかしそこから得たCKをショートコーナーで再開すると、アーリークロスに投入されたばかりのフェルがヘディングで合わせてネットを揺らし、オランダが先制点を獲得する。

 チリはマウリシオ・ピニージャを投入し、最後の反撃を見せるが、後半のアディショナルタイムにオランダのカウンターからロッベンが左サイドを突破。クロスにデパイが飛び込み、決定的な2点目を獲得。そのまま勝利、オランダが2-0で勝利した。

 グループリーグ3連勝で首位通過を決めたオランダは29日にグループAの2位チームと、敗れたチリは2位通過となり、グループA首位チームと28日に決勝トーナメント1回戦で対戦する。

【スコア】
オランダ 2-0 チリ

【得点者】
1-0 77分 レロイ・フェル(オランダ)
2-0 90分+2分 メンフィス・デパイ(オランダ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る