2014.06.23

イタリアがGL最終節でシステム変更か…決勝T進出を懸けウルグアイと対戦

システム変更が予想されるイタリア代表 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップに出場しているイタリア代表は、グループリーグ2試合を消化し、1勝1敗の勝ち点3。24日に行われる第3節で、グループリーグ突破を懸けてウルグアイ代表と対戦するが、同試合にはシステムを変更して臨むことが濃厚となった。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が22日に報じている。

 引き分けでもグループリーグ突破が決まるイタリアは、第1節のイングランド戦、第2節のコスタリカ戦で採用した4-1-4-1から、3-5-2にシステムを変更。同紙によると、イタリア代表指揮官のチェーザレ・ブランデッリ監督は、アンカーのポジションを任されていたローマ所属のMFダニエレ・デ・ロッシの負傷を受けてシステム変更を余儀なくされたという。

 ミランのFWマリオ・バロテッリと、ドルトムントへの移籍が決定したFWチーロ・インモービレが2トップを組むことが予想され、左サイドには負傷から復帰したDFマッティア・デ・シリオが起用される見込み。また、3バックにはDFアンドレア・バルツァッリ、DFジョルジョ・キエッリーニ、DFレオナルド・ボヌッチが入り、GKジャンルイジ・ブッフォンを含め、守備陣はユヴェントスの選手で固められると見られている。なお、デ・シリオの復帰により、DFマッテオ・ダルミアンはイングランド戦と同様に、右サイドに復帰する模様。イタリアの予想スタメンは以下のとおり。

■イタリア代表予想スタメン
3-5-2
GK
1 ジャンルイジ・ブッフォン
DF
3 ジョルジョ・キエッリーニ
15 アンドレア・バルツァッリ
19 レオナルド・ボヌッチ
MF
2 マッティア・デ・シリオ
4 マッテオ・ダルミアン
8 クラウディオ・マルキジオ
21 アンドレア・ピルロ
23 マルコ・ヴェッラッティ
FW
9 マリオ・バロテッリ
17 チーロ・インモービレ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る