2014.06.23

MOM選出のアメリカGKハワード「最後の失点は悔やまれる」

ハワード
好セーブを見せたハワード [写真]=Getty Images

 22日に行われたブラジル・ワールドカップのグループG第2節、ポルトガル代表とアメリカ代表の一戦は、2-2の引き分けに終わった。この試合のマン・オブ・ザ・マッチには、アメリカ代表GKティム・ハワードが選出されている。

 ハワードは5分、ポルトガルのMFナニにゴールを許して立ち上がりに失点を喫した。しかし、そこから安定感を取り戻すと、前半終了間際にはナニのシュートのこぼれ球を左手でかき出すなどゴールを死守。その後も好セーブを見せたハワードは、試合終了間際に失点を喫するも、マン・オブ・ザ・マッチに輝いた。

 ハワードは試合後、『FIFA.com』で次のようにコメントを残している。

「この結果には少し失望しているけれど、決勝トーナメント進出はまだ楽観視しているよ。ベスト16進出に向けて一歩前進した。決勝トーナメントはもう目の前だ。監督たちはこの試合に向けて戦略を立てていた。僕たちはその通りにプレーし、その結果、ポルトガルを押さえ込むことができたんだ。2つのゴールを奪われたけれど、どちらも避けることができた失点だ」

「僕たちはボールを回しながら多くのチャンスを作り出せた。それだけに最後の失点は本当に悔やまれるよ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る