2014.06.23

最終戦で先発へ…W杯初出場のスペインGKレイナ「威厳を示す」

レイナ
会見に出席したレイナ(右) [写真]=Getty Images

 スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナが、自身初となるワールドカップでのプレーに意欲を燃やした。『FIFA.com』が、会見に臨んだ同選手のコメントを掲載した。

 スペイン代表は、ブラジル・ワールドカップのグループB第1節でオランダ代表に1-5で大敗。続くチリ代表戦にも敗れて、グループステージ2連敗で敗退が決まった。消化試合となった第3節のオーストラリア代表戦を前に、同代表を率いるビセンテ・デル・ボスケ監督は、GKイケル・カシージャスをスタメンから外し、代わりにレイナがゴールマウスを守ることを明かした。

 自身初となるワールドカップ出場に向けてレイナは、たとえ消化試合でも、勝って大会を終えたいと語った。

「ワールドカップでプレーすることはどんな選手にとっても夢だ。もっと違った状況だったならば良かったけれど、僕たちは次のラウンドに進むことができない。既に大会から姿を消しているので、どのような戦いをしても人々の意見を変えることはできないだろう。それでも僕たちは威厳を示して大会を終えたいと思っている」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る