FOLLOW US

ロナウド氏の記録に並んだクローゼ「大事なのはチームが勝つこと」

大会通算得点記録に並んだクローゼ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が21日に行われ、グループGではドイツ代表とガーナ代表が対戦。前半をスコアレスで折り返すと、後半に両チーム2得点ずつを挙げ、試合はドローに終わった。

 同試合では、1-2でドイツがガーナにリードを許している中で、69分に投入されたドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが、直後の71分に貴重な同点ゴールを挙げた。

 この得点で、ワールドカップでの通算得点数を15点に伸ばし、元ブラジル代表FWロナウド氏の持つ、大会通算得点記録に並んだクローゼは、「もちろんこの記録は私にとって、本当に特別なことだ。疑う余地なんてないね」と、コメント。

「しかし、最も重要なことは、この得点でチームを助けることができたことだ」と話し、自身の得点記録よりも、チームが得た勝ち点1を重視していることを強調した。

 これを受けて、大会通算得点記録保持者のロナウド氏は、自身のツイッターを通して、「クローゼ!僕は今、君がどんなに幸せか想像することができるよ。本当に素晴らしいワールドカップだ!」」と、コメントし祝福の言葉を残している。

 クローゼはワールドカップ初出場となった2002年の日韓大会で5得点、自国開催の2006年ドイツ大会で5得点、2010年南アフリカ大会で4得点を挙げていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO