2014.06.22

アルゼンチン代表指揮官がエースを絶賛「我々にはメッシという天才がいる」

メッシ
後半終了間際の得点でアルゼンチン代表を勝利に導いたメッシ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が21日に行われ、グループFではアルゼンチン代表とイラン代表が対戦した。試合はスコアレスで迎えた後半アディショナルタイム、FWリオネル・メッシが鮮やかなミドルシュートを決め、アルゼンチン代表が1-0で勝利を収めている。

 試合後、アルゼンチン代表を率いるアレハンドロ・サベーラ監督が、決勝点を決めてチームを勝利に導いたメッシを「天才」と称して絶賛。同監督のコメントを『BBC』が伝えた。

「我々にはメッシと呼ばれる天才がいる。幸運にも、彼はアルゼンチン人だ。イランには苦しめられたが、メッシがいれば不可能なことなどない」

「仮に2人のキーパーがいたとしても、彼が放ったシュートを止めることはできなかっただろう」

 イラン代表を下してグループリーグ2連勝を飾ったアルゼンチン代表は、1試合を残して決勝トーナメント進出が決定。25日に行われる第3節でナイジェリア代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る