FOLLOW US

W杯初出場のボスニア、連敗で敗退決定…ナイジェリアが完封

先制点のオデムウィンギを祝福するナイジェリアの選手たち [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が21日に行われ、グループFではナイジェリア代表とボスニア・ヘルツェゴビナ代表が対戦した。

 開幕戦をイランと引き分けたナイジェリアは、途中出場だったピーター・オデムウィンギが先発となった。一方、アルゼンチンに敗れ、黒星スタートのボスニアはエディン・ジェコらがスタメンに名を連ねた。

 試合はボスニアがパスを回し、ナイジェリアは縦に速い攻めを見せる展開となる。20分、ボスニアはミラレム・ピアニッチのスルーパスに抜けたジェコがシュートし、ネット揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴールに。3分後にも右サイドから、イゼト・ハイロヴィッチがカットインから左足を振り抜いたがGKヴィンセント・エニュアマがセーブした。

 迎えた29分、ナイジェリアは右サイドをエマヌエル・エメニケが突破。相手DFと入れかわってペナルティエリア内右深くまで侵入すると、マイナスのクロスボールをオデムウィンギが流し込み、先制点を獲得する。

 ボスニアは前半終了間際、ジェコにチャンスが訪れる場面があったが、枠を捉えられなかった。ナイジェリアの1点リードで試合を折り返す。

 後半に入り57分、敗れると敗退が決まるボスニアは、アルゼンチン戦で同国史上初となるワールドカップでの得点をもたらしたヴェダド・イビシェヴィッチがハイロヴィッチに代わり登場。さらにセナド・ルリッチを下げ、セヤド・サリホヴィッチがピッチに立つ。

 試合はオープンな展開になると61分、ナイジェリアはペナルティエリア内でオデムウィンギがボールを持ち、最後はエメニケがシュートしたが、GKアスミル・ベゴヴィッチが好セーブを見せた。

 64分にボスニアはハリス・メドゥニャニンに代えてティノ・スシッチが入り、交代枠を使い切る。ナイジェリアもアーメド・ムサに代わってショラ・アメオビを投入する。ボスニアはパスを回し、ナイジェリア陣内で試合を進めるも、好機は作れず。逆にナイジェリアはカウンターで脅かしていく。アディショナルタイムにはジェコがゴール前で決定機をむかえたが、反転してからのシュートはGKエニュアマが弾き、ポストにも当たった。結局試合はそのまま終了し、ナイジェリアが1-0で勝利した。

 2連敗となったボスニアは最終節を残してグループリーグでの敗退が決まった。25日に行われるグループ最終節でナイジェリアはアルゼンチン、ボスニアはイランと対戦する。

【スコア】
ナイジェリア 1-0 ボスニア・ヘルツェゴビナ

【得点者】
1-0 29分 ピーター・オデムウィンギ(ナイジェリア)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO