2014.06.22

イングランド代表のホジソン監督、W杯後も続投…英協会会長が明言

W杯後の続投が伝えられているホジソン監督 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップに出場しているイングランド代表のロイ・ホジソン監督は、今大会終了後も同国代表監督を続けるようだ。イギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 ホジソン監督が指揮するイングランド代表は、グループリーグ第1節でイタリア代表と、第2節でウルグアイ代表と対戦し、両者に1-2で屈して2連敗。近年のワールドカップ本大会において最悪のパフォーマンスとなり、グループリーグ敗退が決まった。

 しかし、同紙によると、FA(イングランドサッカー協会)のグレッグ・ダイク会長は、「私たちは、これからもホジソンをサポートするつもりだ。すでに、彼にその意思も伝えた。これは私自身の見解であり、それはつまり、FAの見解ということだ」と話し、ホジソン監督体制を維持する意向を明かした、と伝えられている。

 また、ダイク会長は「ホジソンは、少なくともあと2年は続けるだろう」とコメントを残しており、2年後に開催予定である、ユーロ2016もイングランド代表はホジソン体制で臨むと見られている。

 イングランドは、24日に行われるグループリーグ最終節で、決勝トーナメント進出が決定しているコスタリカと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る