2014.06.21

元U-21英代表監督がイングランド代表を酷評「是非笑ってほしい」

イングランド代表を酷評したピアース氏 [写真]=Getty Images

 元U-21イングランド代表監督のスチュアート・ピアース氏がブラジル・ワールドカップに出場している、イングランド代表を酷評した。イギリス紙『ミラー』が伝えている。

 現在、ノッティンガム・フォレストを指揮しているピアース氏は、今大会のイングランド代表に対し、「ノーチャンスだった」とコメントし、その理由について若手の経験値不足を挙げている。

「ほかの強豪国は、自国の選手たちをより若いうちから様々な大会に出場させている。そこで、イングランドの選手よりも、多くの勝利を経験しているんだ」

「イングランドは、ここ60年間、タイトルを獲得できていない。U-21やU-19などの世代においても、ここ数年はなにもタイトルを得ていない。U-17だけが唯一、ここ最近で成功を収めているんだ」と話し、若い才能により多くの機会を与える必要性を訴えている。

 ピアース氏は、ブラジル・ワールドカップでのグループリーグ敗退が決定したイングランド代表について、「ほかの国の方は、イングランドを見て、是非笑ってほしい」と、皮肉を飛ばしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
アトレティコ・マドリード
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る