2014.06.21

ドイツ代表ゲッツェ、大勝のポルトガル戦は「過大評価されている」

ゲッツェ
ポルトガル代表戦でドリブル突破を見せるゲッツェ(中央) [写真]=Getty Images

 ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、21日に行われるブラジル・ワールドカップのグループG第2節、ガーナ代表戦に向けた意気込みを語った。『FIFA.com』がコメントを伝えている。

 ドイツ代表は、16日に行われた初戦のポルトガル代表戦で4-0の大勝を収めた。強豪を相手に完勝したことで、ドイツ代表の評価はさらに上昇。優勝候補の筆頭として考えられているドイツ代表だが、ゲッツェは周りの評価を気にすることなく、目の前の試合に集中しなければならないと語っている。

「ポルトガル戦では(勝ち点)3ポイントを取ることが何よりも重要だった。あの試合はそれが全てだった。確かに結果を見れば良かったかもしれないけれど、過大評価されている。いくつかの場面で僕たちには運があったんだ」

「とにかくガーナ戦でも勝ち点3が必要だ。簡単な試合にはならないと思っている。とてもタフな戦いになるだろうね。それでも僕たちなら結果を残せると思っているよ」

(記事/超ワールドサッカー)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング