2014.06.20

伊代表FWバロテッリ、イングランド代表を救うお礼に女王のキス要求

バロテッリ(左)はコスタリカ戦で勝利したら英国女王(右)から頬にキスしてほしいと発言。 [写真]=Getty Images

 グループDのイングランド代表は、今節でのグループリーグ敗退を避けるには、20日に行われるブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節、イタリア代表とコスタリカ代表の対戦で、イタリア代表の勝利が最低条件となった。その条件を受けて、イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、もしコスタリカ戦に勝利したら、イギリス女王からキスしてもらいたいと、自身のツイッターで発言した。大手メディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 イングランド代表は19日、ワールドカップのグループリーグ第2節で、ウルグアイ代表と対戦し、1-2で敗れ、グループリーグ2連敗となった。その結果、同代表は、1958年のスウェーデン・ワールドカップ以来、56年ぶりのグループリーグ敗退が、イタリア代表の勝敗にかかっている。

 その条件を知ったバロテッリはツイッターで、「もし俺たちがコスタリカに勝利したらイギリスの女王から、もちろん頬にだが、キスしてほしい」と掲載。イングランド代表を救うことに成功した暁には、恐れ多くも88歳の英国女王エリザベス2世にキスを要求した。

 イングランド代表は、今節のイタリア代表勝利に加え、24日に行われる最終節のコスタリカ戦で自らも勝利することが、決勝トーナメント進出の最低条件となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る