2014.06.20

フィオレンティーナがコロンビア代表FWクアドラードを完全移籍で獲得

ビッグクラブへの移籍が噂されるクアドラード(左) [写真]=Getty Images

 フィオレンティーナは19日、ウディネーゼとの共同保有となっていたコロンビア代表FWフアン・クアドラードを完全移籍で獲得した。クラブ公式HPが伝えている。

 コロンビア代表の一員としてブラジル・ワールドカップに参戦中のクアドラードは、クラブ公式チャンネルである『ヴィオラチャンネル』のインタビューに応え、「今はワールドカップに集中していて、コロンビアがベストの結果を手にすることができることを願っている。だが、フィオレンティーナが完全移籍で獲得してくれたことにはとても満足しているし、誇らしく思うよ」とコメント。同クラブへの完全移籍に満足感を示している。

 26歳のクアドラードは、2012年夏にウディネーゼから共同保有権の買い取りオプション付きレンタル移籍でフィオレンティーナに加入。同クラブでの活躍が認められたことで、昨夏に買い取りオプションが行使されていた。

 フィオレンティーナへの完全移籍が決まったクアドラードだが、バルセロナやバイエルンといったヨーロッパを代表するビッグクラブが同選手の獲得に乗り出すと見られており、クラブにとどまることは極めて難しいと予想されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る