2014.06.20

今大会の初勝利にタバレス監督「チームは戦う姿勢を示した」

試合後に選手たちを称えるタバレス監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 ウルグアイ代表は19日、ブラジル・ワールドカップのグループD第2節でイングランド代表と対戦し、2-1で勝利した。ウルグアイ代表を率いるオスカル・タバレス監督が、FIFA(国際サッカー連盟)にコメントを残した。

 ウルグアイ代表は39分、FWルイス・スアレスのゴールで先取点を奪ったものの、75分にイングランドのFWウェイン・ルーニーのゴールで同点にされる。それでも、85分に再びスアレスがゴールネットを揺らし、ウルグアイ代表が2-1で勝利している。

 タバレス監督は、「ウルグアイ代表選手たちの戦う姿勢が勝利につながった」と語った。タバレス監督のコメントは次の通り。

「チームは戦う姿勢を示してくれた。だからこそ勝ち得たのだ。選手たちの集中力と意志が勝利をもたらした。それは練習で培うことができないもの。我々のフットボールは魅力的なものではなかったかもしれないが、選手たちはピッチ上で全力を尽くしてくれた。しっかりと準備ができており、選手同士が非常に良い関係を築けていたと思う。彼らは自分たちの国を愛している。これは非常に重要なことだ」

「今後も今日と同じような戦いを見せたい。ワールドカップはとても難しい大会だ。明日になれば、次の試合に集中する必要がある。我々の目的は次のステージに進出することだ」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る