2014.06.20

コートジボワール指揮官、コロンビア戦の結果に不満「引き分けが妥当」

試合結果に納得のいかないラムシ監督 [写真]=Getty Images

 コートジボワール代表は19日、ブラジル・ワールドカップのグループC第2節でコロンビア代表と対戦し、1-2で敗れた。コートジボワール代表を率いるサブリ・ラムシ監督は、同試合についてコメントした。『FIFA.com』が伝えている。

 64分にMFハメス・ロドリゲスのゴールで先制点を許したコートジボワール代表は、MFファン・フェルナンド・キンテーロにも追加点を奪われた。73分にMFジェルビーニョが鋭いカットインから1点を返したものの、同点には至らず、黒星を喫している。

 ラムシ監督は、「引き分けが妥当の内容だった」との見解を示す一方で、すでにグループリーグ最終戦のギリシャ代表戦に向けて気持ちを切り替えているようだ。

「我々は敗北に値しないパフォーマンスだった。引き分けが妥当の内容だったと思う。チームはいくつかのミスを犯した。その結果、高い代償を払うことになってしまったんだ。我々は次の試合で気を抜くつもりはない。キャンプに戻って十分に休みを取り、次のギリシャ戦で勝利するつもりだ。予選突破の方法は他にない」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る