2014.06.20

モウリーニョ、W杯敗退スペインに言及「勝っている時の変革は困難」

2連敗でGL敗退が決まったスペイン代表 [写真]=Getty Images

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、ブラジル・ワールドカップでグループリーグ敗退が決まったスペイン代表に言及した。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 ユーロ2008と2012を連覇し、2010年の南アフリカ・ワールドカップも制覇しているスペインは、13日に行われた第1節のオランダ戦で1-5と大敗。18日の第2節、チリ戦でも0-2と完封負けを喫し、グループリーグ1試合を残して敗退が決まった。

 モウリーニョ監督は、「代表チームもクラブも、変革や刷新は簡単だ。勝っていない時であればね。でも、勝利を収めている時は難しい。王者を称したクラブが刷新をせずに終焉を迎えたことが、過去に何回あっただろうか。感情的な面でも、非常に複雑なことなんだ。(勝っている状態で)仮に変革を行って、翌シーズンの成績が悪くなったらどうする?」と、コメント。「代表チームでも、同じことが起こるんだ。4年間という時間は、サッカーの世界では長いものだ。4年という周期で(代表チームを)刷新する傾向が自然なものになっているが、選手たちへの恩義というものもある」と、話し、結果を残し続けてきたからこそ、スペインが変化することは難しかったとの考えを明かした。

 そして、「以前なら、コケや(ダビド)デ・ヘア、(アルバロ)モラタといった選手たちを起用することは難しかっただろう。(ワールドカップ敗退が決まった)今、それは容易なことだ。過去のイタリアやフランスも直面した課題なんだ。勝っている時に、チームを刷新することは難しい」と、話した。

 なお、スペインは23日の第3節で、同じく敗退が決まったオーストラリアと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ホッフェンハイム
14pt
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る