2014.06.19

オランダとチリがW杯ベスト16一番乗り、初の敗退国は前回王者スペインと豪州

決勝トーナメント進出が決まったオランダ(上)とチリ(下) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が18日に行われ、グループBではオランダとチリの決勝トーナメント進出と、スペインとオーストラリアの敗退が決まった。

 オランダは第1節でスペインに逆転で5-1の大勝を収めると、第2節のオーストラリア戦では打ち合いを3-2で制して、2連勝を飾った。

 チリは第1節のオーストラリア戦を、こちらも先制されながらも3得点を挙げて逆転勝利。第2節ではスペインに対し、前半2得点を挙げると、そのまま逃げ切った。

 この結果、オランダとチリが勝ち点をそれぞれ6とし、グループリーグ1試合を残して決勝トーナメント進出が決まった。スペインとオーストラリアは今大会初の敗退国となった。

 23日に行われる第3節ではオランダとチリがグループ首位の座を懸けて直接対決となる。

■グループB第2節終了時順位表
1位 オランダ(勝ち点6/得失点差5)
2位 チリ(勝ち点6/得失点差4)
3位 オーストラリア(勝ち点0/得失点差-3)
4位 スペイン(勝ち点0/得失点差-6)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る