2014.06.19

オランダ、打ち合い制して連勝で決勝Tに大きく前進…豪州は敗退濃厚に

デパイ
決勝点を決めたデパイ(背番号21)と抱き合うファン・ペルシー [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が18日に行われ、オーストラリア代表とオランダ代表が対戦した。

 開幕戦でチリに敗れ、グループリーグ突破へ後のないオーストラリアは、FWティム・ケーヒルやMFミル・ジェディナクらがスタメン、初戦スペインに大勝し、連勝を目指すオランダは先発メンバーが変わらずFWロビン・ファン・ペルシーやFWアルイェン・ロッベンらが名を連ねた。

 試合は序盤、後のないオーストラリアが高いDFラインをキープし、前線からの積極的なプレスで主導権を握る。一方のオランダは20分、自陣でボールを奪うとハーフウェーライン付近からロッベンがドリブルを開始。そのまま持ち上がると、ペナルティエリア内左に侵入し、左足のシュートをゴール右へ流し込んで先制する。ロッベンは2試合連続ゴールとなった。

 直後にオーストラリアはキックオフから右サイドのライアン・マッガワンがペナルティエリア内左へ向けロングボールを送ると、ケーヒルが左足のダイレクトボレーで合わせる。強烈なシュートがクロスバーを叩き、そのまま決まり、あっという間に同点とした。ケーヒルも2戦連発。

 オーストラリアは31分、マシュー・レッキーが右サイドを突破すると、グラウンダーのクロスにファーサイドへ走りこんだマーク・ブレッシアーノが合わせたが、クロスバーを越えた。前半終了間際、オーストラリアはブルーノ・マルティンス・インディに対するファールでケーヒルに警告。累積2枚目となり、ケーヒルは次戦出場停止となった。また、このプレーでマルティンス・インディがピッチに顔から落ち、担架に運ばれて退場。代わってメンフィス・デパイがピッチに立つ。前半は、スコアこそ同点だがオーストラリアが主導権を握ったまま終了する。

 後半立ち上がり、最初のプレーでオーストラリアは、トミー・オアーのスルーパスにレッキーが反応して、ネットを揺らすが、直前にファールがありノーゴール。47分にオランダは、V・ペルシーが警告を受け、こちらも次戦出場停止となった。

 オーストラリアは51分、ブレッシアーノに代えてオリヴァー・ボザニッチを投入。すると54分、そのボザニッチがペナルティエリア内左からクロスを送ると、ブロックに入ったダリル・ヤンマートの手に当たり、PKを獲得。ジェディナクが冷静に決めて、逆転に成功する。

 しかしオランダも58分、デパイのスルーパスを受けたV・ペルシーが決め、すぐさま同点とする。67分、オーストラリアは高い位置でボールを奪うと、オアーのクロスをレッキーが胸で押し込んだが、ゴールとの距離もあり、GKが抑える。すると1分後、オランダはゴール正面の位置からデパイが強烈なミドルシュートをゴール右へ決めて、勝ち越しに成功する。

 74分、オランダはV・ペルシーの落としからペナルティエリア内でナイジェル・デ・ヨングがシュートしたが、GKマット・ライアンが防いだ。その後、オランダは危なげなく試合を展開。3-2で打ち合いを制し、連勝を飾った。

 オランダは勝ち点を6に伸ばし、同日行われるスペイン対チリで、チリが引き分け以上の結果を得ると決勝トーナメント進出が決定。オーストラリアは、チリが引き分け以上でグループリーグでの敗退決定となる。23日に行われる第3節でオランダはチリ、オーストラリアはスペインと対戦する。

【スコア】
オーストラリア 2-3 オランダ

【得点者】
0-1 20分 ロッベン(オランダ)
1-1 21分 ケーヒル(オーストラリア)
2-1 54分 ジェディナク(PK)(オーストラリア)
2-2 58分 ファン・ペルシー(オランダ)
2-3 68分 デパイ(オランダ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る